2019.11.25「長崎の空で奇跡が起こった!」

昨日、2019年11月24日。ローマ教皇が38年ぶりに長崎、浦上の地に立ちました。

当日朝からものすごい雷と豪雨。これはまさにキリシタン弾圧に苦しんだ人々と、

原爆投下の地で命を落とした人々の怒りと悲しみではないか・・・と思わせるようだった。

長崎ビッグNスタジアムには雨具に身を包んだ信者の方々3万人が集まり

降りしきる雨の中で合同ミサが始まった。

核廃絶と世界の平和と安定を熱心に訴えてくれた教皇。

そして、奇跡が起こった!なんと終わりには太陽が顔を出し、青空に!!

この地が最後の被爆地になりますように私も祈ります・・・! 9:29     晴

Yesterday, November 24, 2019. I stood in the land of Nagasaki Urakami for the first time in 38 years. There was a lot of thunder and heavy rain from the morning of the day. This is exactly the people who suffered from the Christian crackdown, It seemed to make me think that it was anger and sadness of the people who lost their lives in the place where the atomic bomb was dropped.

At Nagasaki Big N Stadium, 30,000 believers dressed in rain gear gathered. A joint mass began in the pouring rain. The pope enthusiastically appealed for the abolition of nuclear weapons and the peace and stability of the world.

And a miracle happened! At the end of the day, the sun came out and the blue sky!I also pray that this place will be the last a-bombed area. 9:29 Fine

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする