2020.3.16 「 ライ麦畑でつかまえて 」

綺麗な麦畑を見ていると

アメリカの作家 サリンジャーの代表作

「 ライ麦畑でつかまえて 」を連想する。

一見不良の少年の苦悩を描いており、

その表現か良くないと発禁されたりもしたが、

その中でも少年の純粋さが見出せて、共感する。

村上春樹が和訳し、サリンジャーの生涯を題材に

したものも映画化された。

今、このお篭り機会にあらゆる文学に挑戦するのも悪くない。笑

8:40 曇り

When I look at the beautiful wheat fields,

American writer Salinger’s masterpiece

” Caught in the Rye ”

It is associated with.

depicting the anguish of a seemingly bad boy, and

If it is not good expression or it is not good, it is forbidden,

The purity of the boy can be found in that, and it sympathizes.

Haruki Murakami translates into Japanese, and the subject of Salinger’s life

It was also made into a movie.

It is not bad to challenge all kinds of literature at this basket opportunity now. Lol

8:40 Cloudy

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です