2018.7.1 「 ゆかた 」

黒田清輝の女性の絵をみていると

日本女性の芯の強さを感じる

凛とした、しっかりと自分を持ち、

ぶれない強さだ

それは 作品 「湖畔」にもみられるように

着物のせいかもしれない

と思ったりする

夏のゆかたはとても心地いい

さらさらした感触に、しっかり汗もとってくれる

せめて 黒田清輝の絵のモデルのような

芯の強さを持つ心でいたい・・・

と ふと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする