2019.4.14 「 夢 」

日本を代表する脚本家 故 市川森一 を偲ぶ

” 夢 記 ”  に出席してきました。

大河ドラマ 「黄金の日々」「華の乱」など素晴らしい作品を沢山残されています。

母校の長崎県諫早市、鎮西学院チャペルの周りには様々な花が咲き乱れ

まるで市川先生が参列者との再会を喜んでいるのではと思うような光景でした。

私も校庭に咲いていた花梨の花に 先生が好きだった ”夢” という

言葉をしたため、先生を偲びました。

7:16 晴れ

The playwright who represented Japan. In remembrance of the late Ichikawa Sinichi

I have attended the Dream Chronicle.  “Golden Days” and “Hana no Ran”

There are a lot of wonderful works left.  The Alma mater, Isahaya City of Nagasaki Prefecture, around the Chinzei Gakuin Chapel.

A variety of flowers bloom. It is as if Mr. Ichikawa is pleased to meet with those who attend. It was a spectacle to think.

I was blooming in the schoolyard. A dream that my teacher liked Because I’ve spoken to you, sir.  7:16 Sunny

Noriko Motomuraさんの投稿 2019年4月13日土曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする