2019.5.26 「 菖蒲 」

今朝は 長崎県諫早市出身 故芥川賞作家 野呂邦暢(のろくにのぶ)

の第39回”菖蒲忌”に出席する為 野呂さんを偲び、敬意を込めて

「 菖蒲 」と書かせていただきました。

この ” 諫早菖蒲日記 ” の主人公である

15歳の少女 ”しず” から”日本女性の真の強さ”を

教えてもらったような気がします。

お天気も良く、野呂さんに会いに”菖蒲の美しさ”

を 感じ取って来ようと思います。 6:55 晴れ

Nagasaki this morning. The late Akutagawa Prize writer Noro Kunenobu

In order to attend the 39th “Iris Anniversary” Ahead or Noro-san, with all due respect

“Iris” and We have written. The main character of this “Isahaya Iris Diary”

15-year-old girl from “Sizu” ”Japan Woman’s true Strength”

I feel like I was taught. The weather is good, and I noro to see Mr. “The beauty of Iris”

I think I will come to feel. 6:55 Sunny

Noriko Motomuraさんの投稿 2019年5月25日土曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする