2019.8.9 「 長崎の鐘 」

こよなく晴れた青空を  悲しと思うせつなさよ うねりの波の人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の  ああ長崎の鐘が鳴る

召されて妻は天国へ  別れてひとり旅立ちぬ かたみに残るロザリオの 鎖に白きわが涙 なぐさめ はげまし 長崎の  ああ長崎の鐘が鳴る

心の罪をうちあけて  更け行く夜の月すみぬ 貧しき家の柱にも  気高く白きマリア様 なぐさめ はげまし 長崎の  ああ長崎の鐘が鳴る

歌:藤山一郎  作詞:サトウハチロー 作曲:古関裕而

本日11:02 静かに黙祷致します (7:00 素晴らしく晴れた青空の下で)

I’m sad about the clear blue sky. It’s a wild flower that lives in the world of a man in a wave of swells.The bell of Nagasaki rings ah Nagasaki of the fire.

My wife is called to heaven, and she’s gone alone. White tears in the chain of the rosary that remain in the chair. The bell of Nagasaki rings ah Nagasaki of the fire.

The moon of the night when the sin of the heart is opened and it goes further.The pillars of the poor house, the noble white Maria. The bell of Nagasaki rings ah Nagasaki of the fire.

Song: Fujiyama Ichiro Lyric: Sato Hachiro Composer: koseki Yuji

Today 11:02 am I will quietly silently. (7:00 under a nice blue sky)

Noriko Motomuraさんの投稿 2019年8月8日木曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする