2019.10.12 「 偲ぶ 」

昨日はお彼岸に行けなかった父の墓参りに行ってきた

ここから見える矢岳は生前父と一緒に見た時と変わらず、天に矢を突き刺している

父が自分の墓にこの場所を選んだ理由は、

「私がボートを漕いでいた茂木がみえるから。」と言っていた事を思い出した

茂木も漁船が静かに出港を待ち、いつもと変わらない。

日も暮れ、昨夜は一三夜。

父と一緒に月見をしているような・・・そんな気分になった。

7:40      曇り

I went to visit my father’s grave yesterday when he couldn’t go to the praying.

Yatake, seen from here, is sticking an arrow into the heavens, just like he did when he saw it with my father.     The reason my father chose this place for his grave is that “I can see the bushes  my dauter rowing.   I remembered what I was saying.

Mogi also waits for the fishing boat to leave the port quietly, and it is the same as usual.

The sun went down, and last night was thirteen nights. I felt like I was watching the moon with my father.

7:40 Cloudy

Noriko Motomuraさんの投稿 2019年10月11日金曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする