日曜古里乃ギャラリーNo.9 「 眼鏡橋 」

日曜古里乃ギャラリーNo.9 ~ 長崎讃歩

【 眼鏡橋 】

「 春のお讃歩 眼鏡橋

  優雅に泳ぐ鯉達も 

   一緒にハタ揚げ見物中・・・」

・・・・・・・・・

いまから39年前。1982年7月

長崎大水害が発生し、中島川も氾濫。眼鏡橋が半壊…

石橋の欄干が無残に崩れ落ちた。

当時の私はその姿にショックを隠しきれなかった・・・

 

今はその痕跡も、どこにもなかったかのように再建された眼鏡橋

鯉が優雅に泳ぎ、流れの音に癒される・・・

江戸初期。坂と階段を上った風頭山の石切り場から運ばれた、重厚な石積。

その風頭山のハタ揚げは、長崎の春の風物詩だ。

 

青空に舞うシンプルでカッコイイ”ハタ”を見ていると

気持ちがスーッとする・・・

 

コロナ禍で今年はハタ揚げも中止になった

せめて心の中で眼鏡橋の鯉と一緒に

ハタ揚げを楽しみたい・・・

 

“Spring Praise walking Glasses Bridge”

And the carp swimming gracefully

We’re watching the HATA event together…”

・・・・・・・・・

It was 39 years ago. July 1982

Nagasaki Great Flood damage occurred, and the Nakashima River also flooded. The megane bridge is half destroyed…

The balustrade of the stone bridge collapsed silently.

I couldn’t hide my shock at the time.

Now the traces of the eyeglass bridge have been rebuilt as if they had been anywhere

The carp swims gracefully and is healed by the sound of the flow …

Early Edo period. Heavy masonry transported from the stone cutting ground of Mt. Kazagasira on slope and upstairs.

The HATA events of Mt. Kazagasira is a spring tradition in Nagasaki.

When you look at the simple and cool “HATA” dancing in the blue sky

The feeling is soggy…

The corona disaster also stopped the events this year.

At the very last time with the carp of Meganebashi in my heart

I want to enjoy HATA.

120×35cm   条幅紙、墨、顔彩、マットフォトペーパー

書&Poem by Rino

 

古里乃ギャラリー

https://motomuranoriko.com 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です