日曜古里乃ギャラリー No.5 「 足跡 ~ Footmark 」

 

日曜古里乃ギャラリーNo.5

 

【 足跡 ~ Footmark  】

 

潮騒を胸に感じながら・・・

砂浜の上を ゆっくりと歩く

砂に足がのめり込んでゆく

 

自分が歩いたところに

しっかりと足跡はつく

アスファルトの道は歩くのは容易だ

しかし足跡はつかない

 

のめり込んでも立ちふさがっても

私はアスファルトではなく、

確実に足跡を付けて行きたい・・・

 

故郷の海を前に、

改めて胸に刻んだ

 

While feeling the noise in my heart…

Walk slowly on the sandy beach

My feet are in the sand

Where I walked

They make a firm mark

The asphalt road has no footmarks.

It’s easy to walk.

Even if you’re depressed or standing still

I’m not asphalt,

I want to make a footmark on the sandy beach…

In front of the sea back home,

I engraved it on my chest again.

 

53×41㎝

故郷の海と砂浜は

心の奥深くで、

静かに動き続ける”マグマ”のようだ・・・

Photo & Poem by Rino

 

2021,1,31

古里乃gallery

https://motomuranoriko.com

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です