日曜古里乃ギャラリーNo.5-Ⅱ 「足跡の記憶」

 

日曜古里乃ギャラリーNo.5-Ⅱ

【 足跡の記憶 】

.

故郷の砂浜をゆっくりと歩いてみた

やさしい風  海の匂い  胸に響く波の音

足跡を残しながら 走馬灯のように記憶が甦ってくる

・・・・・・・・・・

この海が 全ての原点だったかもしれない

私が歩いてきた人生の記憶が刻み込まれているような気がした

.

今日付けた足跡は 波ですぐかき消されてしまうだろう

しかし、この ”のめり込む” 感覚は

アスファルトの道では味わうことは決して出来ない!

.

しっかりと砂浜に足跡を残しながら

前に向かって生きていきたい

と思った

典子

https://motomuranoriko.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です