日曜古里乃ギャラリーNo.3 ペチカⅡ 「 Candle light 」

 

日曜古里乃ギャラリーNo.3 ペチカーⅡ

【 Candle light ~ 刻(時)】

 

雪のまだ明けきらない寒い朝

ろうそくの炎だけが激しく揺れ動く

”時”は止まらずに確実に

刻々と刻まれてゆく・・・

その音と共に

かすかに朝6時の鐘が

新しい朝の始まりを告げるよう

鳴り響いた

A cold morning that has not yet been opened in winter

Only the flame of the candle  violently.

Make sure time doesn’t stop

It’s ticking.

with that sound

Faintly, six o’clock in the morning.

Like heralding the beginning of a new morning

It rang out.

 

次回の日曜古里乃ギャラリーも

どうぞお楽しみに!

https://motomuranoriko.com

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です