崇福寺ーⅡ 「 媽姐(まそ)像 」

崇福寺の中には沢山の国宝や像、重要文化財があるが、

その中でも私が興味を惹いたのが”媽姐(まそ)像”である。

海上安全の守護神ー「媽姐」

それを祀る”媽姐堂”はここ長崎の唐寺のみにみられるそう。

媽姐三体を守るように向かって右に順風耳、左に千里眼の立像がある。

また、菩薩揚げの目じるしとなった”刹竿(せっかん)”は

長崎の5月5日の鯉のぼりに引き継がれているとのこと。

(”歴史の街 長崎ぶらり散策”より調べ)

 

媽姐像と共に観音菩薩像、マリア像などの女性像は

いずれもやわらかく、どっしりと、包み込むような心安らぐ存在として

いつの時代も女性の偉大さを讃えたのだろう。

キリシタン文化、中国文化。そして日本文化が合わさった街・・・Nagasaki

歴史を知れば知るほど、長崎讃歩が楽しく、

一層長崎に愛着が湧いて来る私です。

次回の日曜古里乃ギャラリーもどうぞお楽しみに!

.

古里乃ギャラリー

https://motomuranoriko.com

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です