日曜古里乃ギャラリーNo.11  童謡シリーズ~「おぼろ月夜」

日曜古里乃ギャラリーNo.11  童謡シリーズ

【 おぼろ月夜 】

菜の花畑に入日薄れ 見渡す山のは 霞深し

春風そよ吹く 空を見れば

夕月かかりて 匂い淡し

童謡シリーズを始めるようになって

日本語の素晴らしさを改めて感じるようになりました。

 

情景、背景、匂い、温度・・・

美しさの中に漂う空気感

 

菜の花のかぐわしい香り・・・

漂うやさしい春風・・・

 

日本の童謡に出会えて本当に良かった!

菜の花の匂いを味わいながら

そっと作品の上に置いて感謝します。

 

It fades in the field of rape blossoms, and the mountain overlooking is hazy.

If you look at the sky blowing in the spring breeze

It’s the sunset, and the smell is pale.

I started a nursery rhyme series.

I bedded to feel the wonderfulness of The Japanese language again.

Scene, background, smell, temperature…

The feeling of air drifting in the beauty

The fragrant smell of rape blossoms…

A gentle spring breeze drifting …

It was really good to meet Japanese nursery rhymes!

While smelling rape blossoms

Thank you for gently putting it on top of the piece.

Work & Poem by Rino

44x54cm

半紙(紅梅)、顔彩、墨

古里乃ギャラリー

https://motomuranorikocom

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です